コドミン 効果 口コミ ADHD

多動児になる原因は?何かの対処法はあるの?

 

 

 

お子様が、何かに集中できずに
動き回ってしまったり、落ち着きがなかったり・・・

 

忘れ物、失くし物が多く

 

「もしかして、うちの子って他の子とは違うのかな?」

 

と不安になってしまう親御さんがいらっしゃるかもしれません。

 

 

そして、検索をかけて出てくる言葉が
「ADHD」や「多動児」という、一度はどこかで聞いたことがある言葉。

 

さらに不安になってしまう可能性もあります。

 

 

今回は、これらの「ADHD」や「多動」がどのような症状なのか?

 

また、対策はできるかに焦点を置いてお話をしていこうかと思います。

 

        

 

ADHD専用サプリがあるの!?

 

 

 

多動?ADHD?どういうものなの?

 

 

まず、一番わからない単語の「ADHD」。

 

これは、注意欠如多動性障害の通称で、
発達障害の一種となります。

 

 

こどもが成長していく過程の中で、
遺伝などの先天的なものや、ケガなどの後天性のもので
脳の発達が遅れてしまい、ADHDは発症します。

 

 

学童期の出現率は、
だいたい3〜5%と言われ、男の子に症状が出やすいです。

 

 

そして、判明・診断が出やすいのは、
集団生活が始まる3〜4歳(幼稚園や保育園入園)、
6〜7歳(小学校に入学)くらいが多いです。

 

 

大人になってからADHDに気づく人もいるので、
発見のタイミングは人それぞれです。

 

 

主な症状としては、

 

「多動性、衝動性、不注意」の3つが挙げられます。

 

 

多動性とは、じっとしていられなかったり、
自分の事ばかり喋って止まらなくなってしまったりする事です。

 

 

衝動性とは、思った事をすぐに口に出してしまい、
トラブルになったり、欲しいものがガマンできずにダダをこねてしまったりします。

 

 

不注意は、簡単なミスを連発してしまったり、
忘れ物やなくし物がとても多くなってしまう現象が起こります。

 

 

これらの症状が、1つ〜複数、
もしくは継続的に起こるのがADHDです。

 

        

 

ADHD専用サプリの情報!

 

 

 

そんなADHDの対処法は?

 

 

 

さて、このADHDは、「ワーキングメモリー」という、
脳の機能がしっかり働いていない為に起きると考えられています。

 

 

ワーキングメモリーとは、今行っている事や、
考えている事などを覚えておく、短期的な記憶の事です。

 

 

ADHDの場合、これが上手くできないために、
自分を客観的に判断できず、対応ができないために障害が発生します。

 

 

これを解決するには、
脳の伝達機能の向上を目標にするのが良いでしょう。

 

 

「具体的に、何をすればいいの?」

 

という疑問にお答えすると、
ひとつは病院での投薬やカウンセリングなどの治療です。

 

 

もうひとつが、
サプリメントによる脳の機能向上の補助です。

 

 

「いきなり病院に行くのは怖い!」

 

「薬を飲んでくれるか心配…」

 

という方に、おすすめのサプリメントがあります。

 

 

 

それが、ADHD専用サプリのコドミンという商品です。

 

 

 

コドミンは、食べやすいラムネ味のサプリメントで、
1日1〜2粒を摂取することで、

 

脳の伝達の力を高めてくれる
「ホセファチジルセリン」が1日の必要量を補うことができます。

 

 

ホセファチジルセリンが効いてくるのは、
数ヶ月の時間を要すると言われています。

 

 

ですので、食べやすいラムネ味の「コドミン」なら、
お子様でも簡単に続ける事ができるかと思われます。

 

 

ホセファチジルセリンを、食べ物で摂取しようとすると、
大豆では、1日に1000粒もの量をとらなくてはいけません。

 

 

それが1粒〜2粒で終わるのも、魅力と言えます。

 

コドミンの公式通販サイトでは、お得な定期配送コースで、
お安く購入できるようですし、何より返金保障があるのも魅力です。

 

 

お子様の落ち着かない症状にお困りの親御さん方は、
一度、コドミンをお試しすることも検討してみてはどうでしょう?

 

       

 

コドミンのトクトクコースはここ!


 
どんな配合成分!? 多動性をチェック! 他のサプリとの比較! 診断は何歳から!? 副作用について!